にきびとは

さらにそれが進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し、さらに炎症が起こることもあるといいます。


にきびとは、要するに皮脂の分泌の活発な毛穴がふさがれる事で部分的に雑菌が繁殖して、皮膚の中で炎症を起こした状態のことをいいます。
この細菌は皮脂を好み、詰まった毛穴の中で増えていきながら、皮膚の中でタンパク質を刺激します。赤いにきびを作り出すのは、皮膚に常在している菌である細菌です。にきびは、毛穴のつまり以外にも不規則な生活や、暴飲暴食、ストレスなどもその原因になるといわれています。その結果、炎症が起きて赤くなったり、膿がたまり黄色い部分ができるのがにきびが発生するメカニズムです。また生理前になると、ホルモンのバランスが崩れて一時的ににきびができやすくなるような体質になるときもあり、それが原因でにきびが増えることもあります。

にきびとは、要するに皮脂の分泌の活発な毛穴がふさがれる事で部分的に雑菌が繁殖して、皮膚の中で炎症を起こした状態のことをいいます。